Profile

Rumica

Author:Rumica
上田竜也とKAT-TUNへの限りない愛情の海に溺れっぱなしの
社会人XX年Rumicaの日常生活
初ジャニなので毎日が未知への遭遇…

Recent Entry
Information
Ranking
YouTubeSS
developed by 遊ぶブログ
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Link
Recent Comment
Monthly Archive
Category
Thanks
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

YAKUSOKU
ヤツラ5人と1人
両方とも応援する

心は決まってたから
WORLD BIG TOUR開幕

楽しかった

ここしばらく仕事モードで下がっていたテンションも
終演後には自然に上がっていた



一夜明けて飛び込んだニュース

うん、そうだね
とうとうきちゃったね



PROMISE SONG
初めてヤツラが歌うのを見たとき違和感を感じた

今回のアリーナツアー
ずっとヤツラを見てきたから感じたのかもしれないけど
その表情で確信してしまった
わかってはいても考えたくなかった結末


上田は丁寧に丁寧に
情感込めて
自分の思いを届けるかのように
丁寧に歌い上げていた

その瞳を潤ませて





ニュースが伝えられた直後のドーム
最初のNMP
少しだけまた違和感を感じた

中丸って最初から汗が目に入ったような目してた?



そしてあの曲

亀の曲紹介
一語一語確かめるかのように発された言葉

これ程までに顔を歪ませて下を向いてしまった聖は見たことがない



アンコールの最後
ラジオから聞こえてくるような落ち着いた低音で
亀からお願いが囁かれた

「全員で手を繋いで」



WE ARE KAT-TUN!







一人で家に居たくなくて
翌日は休日出勤しなくてはいけなかったんだけど
友人とカラオケオール
ドームのセットリストを全部入れて歌い倒した


家に帰って少し寝て
出勤の用意でシャワーを浴びた時

堰を切ったかのように嗚咽が漏れた

ああ
水にまぎれて全部流れていけばいい



出勤予定時間をだいぶ過ぎてしまったけれど



自分には自分にしか出来ない仕事、役割がある
ヤツラの頑張りに負けずに
自分もがんばろう




でも

やくそくのうたはひとりできけそうもない

スポンサーサイト

2010.07.19(Mon) | KAT-TUN | cm(1) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://tenyearslove.blog90.fc2.com/tb.php/519-165638d6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
169. No title
少しは落ち着いた?
落ち着くわけないか・・・

5人でツアーをスタートしてからステージを見てからも覚悟は
してたけど、何故このタイミング?・・・今なの?って・・・ワールドツアーが終わって仁の海外ツアーが終わってからでもよかったんじゃあないって思ったしいつ来るのか覚悟はしてたものの実際めの前にするとやはり受け入れにくく・・ジャニさんの何かの考えがあっての事だと思うけどやっぱり5人が一番ツラかったと思う

色んなブログで聖が俯いたままだったって聞いて胸が苦しく
なった・・・

今は5人と1人・・それぞれが違う場所で成功して成長していくことを願うしかない

今回の事で5人はひとまわりもふたまわりも大きくなってくれると思うし5人の絆、ファンとの絆はより深まったと思うの

彼らはKAT-TUNのファンで良かったって絶対思わせてくれるはずよ

少し時間はかかるけど時が解決してくれるでしょう

私達が出きる事は夢に向かって進む5人を一緒に進み応援していくことだけ!

またこの秋現実を確実に受け入れる事になるだろうけど
前をみて受け入れる覚悟はしておかねば・・・
chikoりん | 2010.07.19 19:13 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。