Profile

Rumica

Author:Rumica
上田竜也とKAT-TUNへの限りない愛情の海に溺れっぱなしの
社会人XX年Rumicaの日常生活
初ジャニなので毎日が未知への遭遇…

Recent Entry
Information
Ranking
YouTubeSS
developed by 遊ぶブログ
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Link
Recent Comment
Monthly Archive
Category
Thanks
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

С Днем Рождения!
今日は私にとって特別な日


重大な疾患を抱えながらも愛に応える為滑り続ける
至高の人の記念すべき30回目の誕生日


…ジャニとは無関係なので興味ある方のみどうぞ…




皆様は今を遡ること8年前、
2002年ソルトレイクシティ冬季オリンピック、
フィギュアスケート男子シングル金メダリスト、
アレクセイ・ヤグディンをご存知だろうか。

圧倒的な王者の風格
リンクに立つその佇まいだけで観客を魅了しそこは既に劇場

滑らかなスケーティング
ダイナミックかつ安定感あるジャンプ
正確無比なエッジワーク
軸ぶれない低シットスピン
観る物を奮い立たせる華麗なステップワークは大歓声の渦を呼ぶ
その技術もさることながら
なにより

なによりも

指先まで抜かる事の無い繊細な動き・表情
時には憂いを
時には激情を
時には命を

魂を削るかのように
氷を溶かすかのような熱い炎のように

身体の全てを使い気迫のままに表現する彼に惹かれずにはいられなかった
そのオーラもフェロモンで構成されているかのように目が釘付けだった
ただただ美しい…

瞬く間に時は過ぎ、演技終了とともにリンクにキスをする彼
会場の誰もが疑うべくもなく金を確信した瞬間
キスクラで泣き崩れる彼

こんな人が居ていいのかと本当に信じられなかった

彼にはプルシェンコというライバルが居てプルは元同門の後輩
彼との凌ぎあいは凄まじいもので
お互いがお互いに勝つことしか眼中になかったという

この二人の関係があまりにも切なく激しく、
だからこそフィギュア最高の時代を築き上げた

ヤグディンは2003年にアマチュアを引退してしまったのだけど
その頃は過去演技の動画を探す事が出来なくて(MAC使いだったので)
日本も今ほどブームでなかったのもあり情報が乏しかった
自然にフィギュアスケートから関心が薄れ
トリノでプルが金メダルを取った事も当たり前と感じ
そんな彼も引退。。。
新採点方式以降全く魅力を感じなくなってしまったため
完全に興味喪失してそれから3年…


…プルがバンクーバーで復活する!


少し興味が戻って来てまた見始める
そんな中、真央ちゃんの演技がどれだけ凄い事かに気がついた
彼女の演技に気迫を感じる…
これはどこかで感じたことが?

男子の結果は、女子の顛末を容易に想像するに足りた

…結果は案の定だったものの
真央ちゃんの気迫に胸を打たれたのと不完全燃焼で
ついデジャブを感じ、動画サイトでヤグディンの過去演技を探してしまった
彼女のコーチが同じということもあるのだけど

昔と違って沢山の動画がある
見たことがなかった演技も見ることが可能となった今に感謝

…やっぱりヤグディンは至高の存在だった

あの時よりさらに上回った感情が溢れてきてさらに調べた
引退は故障によるものだとは知っていたけど
先天性股関節の不全によるもので
2000-2001は絶不調、
ソルトレイクの直前まで引退を考えるほど酷いものだったらしい
つききりで精神科の先生が付く程
だからこそあの気迫、オーラ、涙だったのか…

特に2000-2001世界選手権は試合直前の足の捻挫で
痛み止め注射をSP5本、FP6本打って望んだ試合だそう
予選→SP→FPと見ていくと、
気迫の篭った熱い演技にパッション&ハートを感じて自然と涙が…
結果順位よりも記憶に残る名プログラムだった

そんな動画漁りの最中に
2009-2010にロシアで行われている、アイスショーの動画を見つけた
プログラム名は「LUNA」
あれから8年分年を取った彼は、更に男の色気を湛えセクシーだった
飛べないと思ってたトリプルジャンプもヤグディンステップも健在で
素晴らしくこれにも感動。。。


2003年、FPを滑るリンク上で自らジャッジに棄権
その時初めて右股関節の不具合が発見され
その後も痛みを堪えながらもプロスケーターとして滑り
2007年に右股関節を全損して人口股関節へ
手術の3ヵ月後にはショーに参加

手術直後はバンクーバーでの復帰も考えていたくらい
なのにやっぱり出来なくて…打ちひしがれて…
そんなぼろぼろの身体なのに
ファンの愛に応えるためスケートを滑り続け、
ショーの為に禁止事項、体位まで厭わないそのプロ意識
日本なら即、身体障害者認定なのに…

つい最近2月中旬にも治療のためにショーを欠席して
スイスに行っていたらしいし、健康面が本当に心配
人口股関節のチタンは日々磨耗して結合している自前骨を侵食する…

去年11月に娘のリーザちゃんが誕生して
さらに頑張ってしまうとは思うけど

どうか、どうか
家族のためにも自分の身体なんてどうでもいいと思わないで欲しい


リョーシャ、あなたこそが永遠の帝王
伝説のフィギュアスケーターなのだから






30歳のお誕生日おめでとう
少しでも長く健康で幸せでいられますよう、
極東の地で祈ってます





…ロシア行きたい……せめてロシア語が…
スポンサーサイト

2010.03.18(Thu) | その他 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://tenyearslove.blog90.fc2.com/tb.php/485-991381dc
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。